コスモスまつり中止さらに迷い犬に逃げられる

週末に予定されていたコスモスまつりの中止が決定しました。

台風が近づいていることもあり雨が止みそうにないからです。

コスモスも満開(表題写真)、企画も目白押しだったのでとても残念ですが、天気には勝てません。

日高村のお楽しみは基本的にすべて天候に依存しています。

ただひとつ、オムライス街道だけは大丈夫。定休日以外は全天候対応可です。村はもっとオムライス街道を大切にしなければ。

 

コスモスまつりの出し物の一つ、宇佐八幡宮のうちわ踊りは昨日見ることができたので良かったです。

最近ふと気が付いたのですが、私が夢中になっている沖名の太刀踊りも昨日のうちわ踊りもみな中心になっているのはおじいさんたち。

女性の姿が見えません。おじいさん達は子どもの参加を切望しますが、女性がいればもっと盛り上がると思うのは浅はかでしょうか?神事は女人禁制なのか?今のところよくわかりません。

神事はともかくイベントは女性が中心になってやった方が楽しいものになります。おっさんが中心ではどうしてもダサさがにじみ出ます。じいさんが中心ならなおさらです。

 

話は変わりますが、今日は迷い犬の保護に同行しました。

なんとなく神聖な雰囲気のある犬です。尻尾もキツネのようで神社に座らせてもよさそうな感じがします。この場所は小村神社、高知で最も歴史の古い神社の一つで国宝の剣を所蔵している社のすぐ近くです。

人を恐れているのか、あるいは神の使いか、我々はまったく近づくことすらできません。「時間をかけて信頼関係を築く」餌付け用のドックフードを持って担当者は語っていました。

保護前ですが、飼い主募集中です。




コメントを残す