ケンタッキーを限界まで食する

南町田グランベリーパークのケンタッキー食べ放題へ行ってきました。

ケンタッキーフライドチキンを死ぬまで永遠に食べ続けたいという幼少の頃からの夢を今日、叶えてきました。

大人一人1980円。

安くはありませんが、チキン1ピースが普通の店では250円なのでかなりリーズナブルだと思います。

計画では最低でもチキン10ピースとメイプルシロップを滝のようにかけたビスケットを5個は食べるつもりでした。

実際に食べてみると、最初の一皿(写真)で胃袋はもはや限界に。

チキンを3ピース食べた頃から左肩が痛くなり出しました。私は食べ過ぎると左肩が痛くなります。

苦しい。

この頃を過ぎると、殺されて、バラバラにされて、油で揚げられたニワトリの激しい怨念すら背中に感じるようになりました。

辛い。

それでも、そこからチキンをさらに4ピース。ビスケットをさらに2個食べ、

それにポテトとコールスロー、ミートボールにデザートまでをおいしく食べてきました。

おかげで左肩は大激痛。

しかしそんなものは夢にまでみたしあわせのささやかな代償にすぎません。

それにしても今回の食べ放題で、ケンタッキーは永遠に食べられるものではないと学びました。どんなにおいしくても4ピースが限界です。

おかげで今度ケンタッキーへ行った時に自分は何ピース注文すればいいのかわかりました。

ただ私がケンタッキーフライドチキンへ行くのは年に一度あるかないか。それを考えると次もまた食べ放題になるかもしれません。

どうしたわけかケンタは、年に一度だけ無性に食べたくなります。




コメントを残す