オムライス街道にビビる

おかげさまで日高村オムライス街道が好調です。

4年目に入っても客足はさらに伸び続けています。

加えて、テレビの全国放送ゴールデンタイムで取り上げられたり、マンガ「クッキングパパ」で紹介されたこともあり、かなり遠方の県外からもお客さんに来ていただけるようになりました。

私が担当しているオムライス街道ホームページオムライス街道アメブロも、ありがたいことにそれぞれ月に2万を超える視聴回数をいただいております。

この「しこくくらし」が宇宙に向けた独り言なのとは好対照です。

日高村オムライス街道ほど年間を通じて交流人口を増加させている地域おこしは他にありません。

たくさんのお客さんを迎えている今こそ日高村には千載一遇の大チャンスが訪れていると思っています。

今、全国から来てくださっているお客さんが、日高村を好きになってリピーターになってくれるかどうかに村の未来がかかっているはずです。

イベントを何発も打ち上げて四苦八苦している他自治体の苦労をみれば、この先、これほどたくさんの県外者が日高村に来ることはなかなか考えられません。

観光や移住に中央から莫大な予算をもらって取り組んでも、これほどたくさんの人を村に呼び込むのは不可能でしょう。

村の全資源を今いるオムライス街道のお客さんのために傾けたい。

と思いますが、現実にはお客さんの満足は11店舗と役場の担当職員数名の肩にすべてのしかかっているのが現状です。私にできることと言えば、ネットの情報発信と月1の草刈り以外特にありません。

正直、今のオムライス街道はキャパシティを超えるお客さんを迎えているようにみえます。

日高村に来てくれた人が楽しんでくれるようただただ祈るばかりです。

週末たくさんの県外ナンバーの車を見ると、車内が笑顔かどうかビビりながら眺めています。




コメントを残す