やはり「かけ」だったか

テレビで香川の人は普通「かけうどん」を食べるとやっていました。

「釜玉」だとか「ぶっかけ」だとかは県外から来た素人の注文するものだと。ツウは「かけ」。

うすうすそんな気がしていました。

出汁と麺、両方楽しめるのは「かけ」だけです。

しかし「かけうどん」は日本中どこのうどん屋にもあります。

せっかく香川県までやって来て、「釜揚げ」だの「しょうゆ」だの「湯だめ」などのちょっと普通じゃない、讃岐っぽいうどんメニューを見ると、そっちがツウの食べるものだと思ってしまいます。

ホントは出汁がおいしそうなのに「初めての店ではまず麺そのものを知るべき」などと自分に嘘をついて「しょうゆ」を頼んでいました。愚かなことです。

香川の人は「かけ」。テレビを観て心の鎧が脱げました。

これからは心おきなく「かけ」を頼めます。

写真は土佐市高岡の大好きなうどん店「きよたき」のかけ。




コメントを残す