もつ鍋に思う

表題の写真は先週、高知市内で開催された「魚まつり」にて。ツガニ汁の大鍋。

昨日はおいしいもつ鍋を食べました。

高知は食べ物がおいしいと言われますが、間違いなくその通りです。

店の名は「もつ鍋とみ~。」めんたいもつ鍋1人前1400円。

写真は3人前ですが上に巨大な明太子が4腹も乗っていて、ちょっと味見すると、1腹だけでも1500円はしそうな高級な味がしました。

完成するとこの明太子が最高の調味料になってくれます。この鍋はピンク色の食べ物の中でおいしいものの圧倒的世界王者になりました(私の中で)。2位が苺。

ここのモツは大きさが卓球のボールくらいあり、それが口に入れるとふわっととろけます。モツといえばいつまでも噛み続ける常識がここのもつ鍋には当てはまりません。

「永遠に食べていられる」隣の人の言ったこの言葉がピッタリです。脂が上質なのでいくら食べても胃がスッキリしています。

おいしいだけではなく気分よくもつ鍋を楽しむことができました。

 

高知に住んでいると食べ物の常識が東京時代とは一新されます。

「東京では魚を食べるときはどうしてたんですか?」

昨日はこんなことも聞かれました。

東京に住んでいる時は、テレビで静岡や千葉の港が紹介されると週末、刺身や海鮮丼を食べに車で出かけたものです。

そして帰りの車の中で言う感想は毎回同じ「おれ、やっぱり魚好きじゃねえや」。

今は時々無性に鰹のたたきが食べたくなり中土佐町に出かけます。

高知に来て魚の地位が一気に急上昇しました。同じ海なのに魚の味が違うのは不思議です。でもやっぱり全然違います。関東近郊の海では魚をおいしく感じたことはありません。

もう東京では魚は食べられないことでしょう。

そして肉も、さらに野菜も。

舌が肥えるのがいいことなのか悪いことなのかわかりませんが、高知でおいしく楽しく暮らしていることは間違いありません。

ところで表題写真のツガニ汁はこの時期の高知の美味で、上海ガニと同じ仲間です。




コメントを残す