もぐらは雨が苦手

本日、新しいもぐら塚はありませんでした。

その代わり、

もぐら塚比較

朝起きると最初にできた二つが巨大化していました(左と右奥のもぐら塚)。

感心感心。

熱心に働いております。

ひとめもぐらが働いているところを見たいと、しばらく眺めていましたがいくら待ってももぐらは現れません。

どうやら警戒心は強いようです。

見えるのはただの土の塊、もぐら塚のみで本人の姿はありませんでした。

それにしてももぐらはどうやって土を地中から外へ運び出すのでしょうか。

手に土を持っていたら、手で土の中を掘り進み外へ出て来られない気がします。

あるいは手でトンネルを掘りながら、土は口に含んで外へ運び出すのか。

だとするともぐら塚の土は大量すぎます。

謎は深まるばかり。

一晩かけたとしてもとてもあの小さな口で運べる量とは思えません。

あ、もぐらの口はネットの写真で見ました。

ネットで写真を検索すると、もぐら塚の天辺から顔を出したもぐらの姿がよく写っています。

とてもかわいい。ぜひ見てみたい。

さらにネットを調べると、

もぐらは雨の日は働かないとありました。もぐらは雨が苦手。

予報では明日の多摩地方は激しい雨。

もぐらにとっては久しぶりの休日となりそうです。




コメントを残す