またまきわり

今日もまた薪割り。

ただ今日は治療の仕事もありました。そのあと薪割り。

斧を振り下ろし一撃で木がスパッと割れると、とても気持ちが良く、剣の達人になったような気分です。

高知で少しだけ居合道をやっていましたが、やはり斬るなら空気よりも木に限ります。

居合は刀を振り回すだけ。文字通りエアです

それに比べて薪割りはリアル。うまくいくと硬い木がパンっと音を立てて割れてくれます。

ただこの薪はゴミとして捨てるために割っています。多摩市指定のゴミ袋に入る大きさにするためです。悲しい。

火をつければみんないい感じで燃えてくれそうな顔をしています。(割っているうちに薪にも表情があることがわかってきました)。

けれど焚火は禁止。

ここが日高村だったら薪風呂を持っている人がたくさんいるので、いくらでも燃やしてもらえるはずです。

ここが日高だったらよかったのに。

木は倉庫にまだまだあります。全部割るのに1年はかかるかもしれません。

せっせと割って多摩市の清掃工場で燃やしてもらいます。




コメントを残す