ねこ、家を見つける

日高村オムライス街道参加店「大阪なにわ道頓堀たこやき」の前でさまよっていた迷い猫(表題写真)のもらい手が決まりました。

「大阪なにわ道頓堀たこやき」さんです。

結局一番よい嫁ぎ先だと思います。幸せな暮らし保証付き。

次の問題はシロ。数か月前から小村神社の北側で自由に暮らしている白い迷い犬です。

写真は1か月ほど前のシロ。

昨日見た時ものんきに田んぼの中でごろごろしていました。

悔しいことに捕獲作戦は現在とん挫しています。役場の職員が徐々に手なずけていった結果、直接手からエサを食べるところまで打ち解けていたのに、ある日を境にまったく近づけなくなってしまいました。

近所の人の話によると、ある日誰かが無理やりシロを捕獲しようとして失敗、再び警戒心が強くなってしまったようです。

年内の保護は難しくなりました。

情報を総合するとシロはもう3年以上村内各所で自由に暮らしています。冬が厳しさを増す前になんとかと思っていましたが、そんなに心配することもなさそうな気がしてきました。

シロは想像以上にタフな犬です。




コメントを残す