ちりめん丼を食べ放題

東京の知人からラインが入りました。

高知県知事がTBSラジオで日高村オムライス街道を紹介していたそうです。ホームページで内容を聴いてみたら、知事はオムライスの帽子を被って活躍している日高村長の話をしていました。

うれしいことに知事もけっこうオムライス街道のことを見てくれているようです。

オムライス街道というのは日高村の村おこしプロジェクトで、5年前に始まり、最近は県外にも知名度が拡大しつつあります。

先日はオムライス街道のツイッターが某有名お笑い芸人さんからフォローされました。

オムライス街道は子どもたちが自分たちの村に誇りをもってもらうのが目的で、ただ単純に知名度が上がって、オムライスや村の特産品のトマトが売れればいいというものではありません。

オムライス街道は村の子どもたちと一緒に創る日高村のさらには高知の未来です。だから知事も日高村オムライス街道を折に触れていろんな場所で紹介してくれるのだと思います。

しかし私がオムライス街道に直接関わるのは3月いっぱいで終了。4月以降は一村民として応援します。

 

さて、

今日は南国市でちりめん丼の食べ放題(表題写真)。

土佐角弘水産が土曜日のランチタイムだけやっている大盤振る舞いです。

たったの600円でごはん以外が全部食べ放題で楽しめます。

今日は3種のちりめん(関東ではしらす干し)とみそ汁と、なんと驚いたことにドロメまでもが食べ放題。

ドロメというのは生のちりめんのことで新鮮さが命の海のそばだけで食べられる高知の名物です。

ここのドロメはとてつもなく新鮮で一匹一匹がプチプチしています。普通のはドロメというだけあってトロトロしているのですが、ここのはついさっきまで海で泳いでいたのでしょう。まだピチピチとしたハリがありました。

名前の違いだけではなく、高知のちりめんは、私たち関東生まれの人間が知っているしらす干しとはおいしさ自体がまったく違います。

ちりめんはそれこそ永遠に食べていられるほどのうまさです。

高知へ来てくれたお客さんに自信をもって案内できる店をまた一つ見つけました。

ただ早起きが必要です。今日は11時半に到着したのにすでに行列。昼過ぎまで待ちました。




コメントを残す