ちゃーて、りゅうきゅう、四方竹

皇太子様ご夫妻をお迎えして全国農業担い手サミットが今、高知県で開催されています。

日高村も大騒ぎです。こういうことがあると改めてここが農業生産地域だいうことを思い出します。

役場オフィスで働いていたり、鍼灸をやったりしていると日高の暮らしも川越とさほど変わりはありません。

ただ旬の野菜が出回りだすと、ここは川越とは全く別の土地です。

ちゃーて、りゅうきゅう、四方竹は今ちょうど旬を迎えている野菜で、どこでもとても安く手に入ります。農業に近い人が知り合いにいれば基本的に無料です。

野菜がおいしいってことは高知に来て初めて知りました。

肉と同じくらいの地位に上がってきています。

最近、妻がお茶農園で働き始めたので、日本茶がおいしいってことも最近初めて知りました。

お茶のおいしさは想像を絶します。お茶だけあれば一生心穏やかに生きてける気がしてくるくらいです。

お茶で一息つく人の気持ちがよくわかります。お茶の時間重要。

 

表題の写真は今日の白い犬。

今、保護作戦を展開中の迷い犬です。今日は保護したら飼ってもよいという奇特な人も現れましたが、犬はまだ我々との距離を保ち、なかなか近づかせてくれません。

ただこの犬、おとなしくて気立てもよいので、近所の人から好かれています。名前も付けてもらっていました。名付けて「しろ」。見たまんまです。

また、しろは近所の犬に恋に落ちているようす。

明日はしろが好きそうなエサを、担当者が自腹で買って保護作戦に臨みます。




コメントを残す