たけのこの謎

産直市にたけのこが並び始めました。

地元高知産のたけのこが300円くらいで買えます。

東京や埼玉で国産のたけのこがそんな安い値段で買えるなんて信じられないことです。国産のたけのこなんて、スーパーの棚にその姿を拝めただけでも幸せでした。

そのようなわけで、東京から高知へ移住した人間は必ず「高知のたけのこを東京へ持って行って売ったらぼろ儲けできる」と思います。

ところが、たけのこビジネスで大金持ちになった高知人の話は聞いたことがありません。

たけのこ商売は、高知で安く買って東京で高く売る、そんな単純な儲け話ではないのでしょう。商売の障害になる私の知らない難しい事情があると想像します。

一般に地方の衰退だの過疎だのいうと、都会人の中には地方の努力不足が原因だと言う人もいます。

ところが都会人の考えつくようなことは、たいてい全部、地方でもすでに考えられていて実行もされています。

地方の不況は東京で考えているほど単純なものではありません。




コメントを残す