すた丼で夏に立ち向かう

連日の猛暑で死なないため、

夏に立ち向かうパワーをつけるため、

昼は伝説のすた丼屋へ。

牛丼よりもすごい丼を出す、この伝説のチェーン店はたぶん東日本にしかないと思います。

だいたい日本ではなんでもうまいものは必ず西日本にあります。けれども、東日本にだって時々はうまいものがあって、すた丼は東日本でたった一つの自慢できるチェーン店です。

パワーを付けたいときは全国どこにいても「伝説」に限ります。

そうはいっても私も人と接する仕事。最低限のマナーとして、にんにくは避けなければいけません。

だから選ぶのは「すた丼」ではなく「生姜丼(写真)」。

そこに、カウンターに置いてある真っ赤な辛みそと七味を大量にかけ、激辛にバージョンアップして食べるのがいつものスタイルです。

ところが今日はじめて発見。

真っ赤な辛みそにはどうもにんにくが入っています。

たしかに、「生姜丼にはにんにくが入っていないはずなのに、食後やけににんにく臭いな」と思っていました。

が、そう思いながらもそれが「伝説」なのだと自らを納得させて毎回午後の仕事へ。

伝説のすた丼屋では生姜だってにんにくのような香りがするのだ。だからこその伝説の称号。

犯人は真っ赤な辛みそでした。

肉よりも、実は真っ赤な辛みそのおかげで、パワーをつけることができていたようです。

これからは午後患者さんがいないときにすた丼屋へ行きます。




コメントを残す