しらす丼の底力

写真は、今日高知県南国市で開催された土佐の食1グランプリ参加グルメ「安芸釜あげちりめん丼」。おそらく関東の「しらす丼」と同じものです。

しかし関東の人ごめんなさい。おいしさはまったく違います。次元が怖ろしいほど格段に違います。

関東に住んでいるとき、行列のできるしらす丼の店に行きました。そのしらす丼の上にはなぜかマヨネーズ。そういえば、関東にいるときはやたらマヨネーズを食べていた気がします。行列のしらす丼は食べてみると「なぜこの程度で行列を?」と思いました。「やはり魚は肉に勝てない」と確信したものです。

高知に来てマヨネーズを食べる量がめっきり減りました。マヨで味をごまかす必要がないのでしょう。そして肉も食べる量が減りました。魚が信じられないくらいうまいのです。今日のようなイベントテントで売られている「ちりめん丼」でさえもびっくりするくらいのおいしさです。

刺身と日本酒が黄金の組み合わせだということも高知に来て初めて知りました。今、昨日の歓送迎会を楽しく思い出しています。私のようなグルメど素人でも高知は魚の旨さをわかりやすく教えてくれます。

今日の食1グランプリは、ちょうど一年前高知へ越してきたときに初めて参加したイベントです。一年前と同じ日に同じことをすると、当時と今の自分の違いがよくわかります。

今日は一年前よりも10倍くらい高知が好きになっていました。




コメントを残す