かわいそうな盲導犬

テレビを見ていたらCMに盲導犬が現れて、

「ぼくをかわいそうだという人がいるけれど、ぼくはかわいそうじゃないよ。盲導犬として働けてとても幸せだ。」

みたいなことを訴えていました。

こんなコマーシャルを流しているところから察すると、

盲導犬をかわいそうだと思っている人は、私だけではなく、日本中にけっこうたくさんいるようです。

ほっとしました。

それにしても、

人間のためにさんざん働かされた上に、テレビで「ぼくは幸せです」なんて言わされている盲導犬。

やっぱりかわいそうです。

盲導犬の代わりに、自分の意志で働く“盲導人間”を推し進めたらどうでしょう?

鼻は利かないし、足も遅いですが、人間の方が犬よりも頭はよさそうですし、役に立つのではないでしょうか?

命を道具とせず、

目が不自由な人でも不自由なく暮らせるような社会を、人間みんなで助け合い、作っていかなければいけないと思います。




コメントを残す