かわいいイラストに心温まる

いい年をしてかわいいイラストを見て胸をときめかしている場合ではないのですが、

近所のスーパー「サンシャイン日高店」に行くと、店員さんが描いていると思われるステキなイラストがそこかしこに貼ってあって、温かい気持ちになります。

表題の写真は、「ご自由にお持ちください『今月のカレンダー』」のイラストです。

こんなかわいいのがサンシャイン日高店に行くとペタペタと貼ってあって、楽しいキャラクターがいろんなメッセージを伝えてくれます。特に、駐車場へ上がる階段はちょっとしたイラスト美術館で、思わず目を奪われてしまい上り下りがまったく苦になりません。

「こんなかわいいイラストを描く人はどんな人なんだろう?」「日高村絵本コンクールに応募してくれただろうか?」などといろいろ考えます。

サンシャイン日高店は店内放送のナレーションも、おそらく店員さんがやっているらしく、いかにも普通の女性が一生懸命に演技している感じでお総菜をススメてくれています。

土佐弁丸出しのイントネーションで「こんなおいし~ん誰が作った~ん?」という放送を最初に聞いたときは、「ああ!土佐に来たんだな」と感動すら覚えました。

 

今、台風が近づいているということで、突然の大雨が降ったり止んだりしています。

そんなわけで今日はバイクで職場へは行けず、車で行きました。車通勤のときにはなぜか帰りにサンシャインに寄るのが習慣です。

高知にたくさんあるスーパーサンシャインの中でも、日高店はだいぶ小さく、とても古い方です。ただイラストと店内放送のおかげで温かさは高知いちばん。

行くとほっとするスーパーです。

ところで、高知のローカルスーパーはみんな太陽と関係がある名前がついています。サンシャイン、サニーマート、サンプラザ。

国道33号線にある直販所は「さんさん市」。

その名の通り高知の太陽は非常に強く、朝でも太陽は痛いほど皮膚に突き刺さります。

この時季、厳しい太陽と激しい台風のおかげで日高はサウナです。




コメントを残す