からあげ日和

久しぶりに生姜焼き定食を食べました。

高知に来てから初めてです。

隣のいの町が「生姜焼き街道」をやっているので、生姜焼きはいの町でと思っていたのですが、いのに行くことがないので今日まで食べずにいました。

ただ今日食べたのは土佐市高岡です(写真上、ハレタの生姜焼き定食の大)。前回ハレタに行った時に隣のテーブルの生姜焼きがあまりにデカ盛りだったので今日は迷わず生姜焼きを選択しました。

ちなみに土佐市は「うるめいわし街道」。

高知で「何とか街道」を名乗っているすべての自治体の元祖は、私たち日高村の「オムライス街道」です。

「あれ?生姜焼きってこんなにおいしかったっけ?」

想像以上のうまさに自分自身に問いかけました。関東で食べ続けた生姜焼きとはおそらく肉の質が違うのだと思います。肉自体の旨味が関東とは全然違う。

そこで突然、別の疑問、高知に来て以来の謎が解けました。

「なぜ高知は『からあげ』だらけなのか?」高知ではどこに行ってもからあげとその仲間のチキン南蛮と出会います。「なぜそこまで『からあげ』を愛するのか?」

その答えが今日わかりました。「うまいから」。

単純に高知のからあげはおいしい。むね肉のからあげを食べるとよくわかります。東京ではパッサパサだったむね肉も高知ではとてもジューシー。下手すると脂たっぷりのもも肉よりもおいしいかもしれません。

高知では毎日が「からあげ日和」。

生姜焼きを食べる私の目の前を、大量の唐揚げをお皿に乗せているおばさんが横切りました。




コメントを残す