お遍路うどん巡り(たしか)その3

今回は82番札所「根来寺」まで。

いよいよ四国お遍路八十八か所巡りも佳境に入ってきました。次のお遍路で最後まで行けそうです。

香川に入ってそれほど山道を歩かされることはないだろうと勝手に想像していましたが、弘法大師様はどうしても山を歩きたかったらしく、今日もずいぶんと長い階段を上り下りしました。すでに太腿とふくらはぎは筋肉痛が始まっています。

残り六寺とはいえ油断はできません。弘法大師様が喜びそうな厳しい山が待っていそうな予感がします。

今回のうどん店。

1店目。「こだわり八輻(はちや)」(表題写真はかけの小)

ぶっかけの小

2店目。「うどん麦のへそ」

温玉の小

とり天。

このとり天は私の食べたとり天史上最もおいしいとり天でした。

とり天はどこで食べてもたいていはおいしいものですが、ここのは格別。香ばしくて、しっとりしていて、サクサクしている、そんな感じ。

西日本に来てとり天のおいしさを知り、東京時代あれほど愛していたケンタッキーなんちゃらチキンのことをまったく思い出しません。我ながらつれないものです。




コメントを残す