おいしいトマトの見分け方

おいしいトマトは重いと言われています。

写真は日高村のおいしいフルーツトマト。

実際に持ってみると、見た目で想像したよりもはるかにずっしりとした重量感が手に伝わります。パックの上からでも分かるほど中身がぎっしりにつまったジューシーなトマトです。

シュガートマトは大変な苦労の末に生まれます。

長年にわたる経験の積み重ねと豊富な知識それに巨額な設備投資。これに加えて神がかり的なセンスもなければシュガートマトはできません。

ところで、選りすぐりの日高村のフルーツトマトの中から選果場での試験に合格したトマトだけがシュガートマトの名前を付けられて全国へ出荷されます。

赤いダイヤモンドとも称されるシュガートマトは首都圏の百貨店などで飛ぶように売れています。

写真のフルーツトマトはシュガートマトにはなれなかったトマトのようですが、それでも文字通り甘いフルーツのようなトマトで、かぶりつくと甘いジュースが飛び出してきます。汁が飛び散って周囲が大変なことになりました。




コメントを残す