うどん放浪記

この週末はぶっかけうどんの旅に出ました。

香川県観音寺市「上戸うどん」のぶっかけうどん大(写真上)。

瀬戸内海の絶景を眺めながら食べる冷たいうどんは四国ならでは。

イオン高知のフードコート内「倉敷うどんぶっかけふるいち」のキムチ肉ぶっかけ大。

ぶっかけうどんを日本で初めて開発した人が創業したうどん屋さんだそうです。ぶっかけは讃岐だと思っていました。倉敷も行ってみたい場所リストに参入です。

高知でうどんを食べてうれしいのは、たいていの店でゆず果汁がかけ放題なところです。倉敷からきた「ふるいち」もゆず果汁フリーの高知スタイルでした。

それにしても四国に住んでうどんを食べ歩くデメリットは、だんだん舌が肥えて味に厳しくなってしまうことです。最初の頃の感動があまりなくなってきました。おいしいが当たり前になるのも悲しいものです。




コメントを残す