いつになったら土佐顔に

急きょ日帰りで東京に行ってきました。

時々、空港職員や客室乗務員の中に「いってらっしゃい」とか「おかえりなさい」と声を掛けてくれる人がいます。

どこを見て乗客が高知の人か東京の人かを判断しているのかわかりませんが、おそらく顔を見て決めているのだと思います。例えば高知空港の職員が乗客の顔を見て「この人は土佐人だ」と思えば「いってらっしゃい」「おかえりなさい」に挨拶を変えているのだと想像しています。

ちなみに妻は九州顔で、九州に行くと必ず「おかえりなさい」と言われます。沖縄に行った時も「めんそーれ」ではなく「おかえりなさい」という意味の沖縄弁で迎えられ頭の上に「?」が出ていました。東京生まれの東京育ちなのに顔だけは南の国です。

高知に引っ越してきて一年。私の顔もだいぶ日焼けして土佐人ぽくなってきていると最近は自負しています。埼玉から来た知り合いにもそう言われました。

しかし今日「いってらっしゃい」と声を掛けてくれたのは羽田空港の職員。高知空港の職員は私の前を歩いているおんちゃんには「おかえりなさい」と笑顔で挨拶しているのに私にはただの「ありがとうございました」。

土佐顔への道はまだまだ遠いと知りがっかりした一日になりました。

写真は、建設中の国立競技場。




コメントを残す