あじさい戦国時代

行けなかったので分からないのですが、今日おそらく雨の中で日高村あじさいまつりがあったはずです。

去年、一昨年と手伝いに参加しました。

連続で参加していたおまつりに参加できないのは寂しい感じがします。

一昨年はテレビのニュースが取材に来たので、今年も来ているかもと夕方テレビを観ていたら春野のあじさいまつりが紹介されていて、日高村のは登場しませんでした。

春野でも、日高と同じくあじさいウォークをやったようです。

一昨年は私も日高村のあじさいウォークに同行しました。その時は参加した歩こう会の人たちから「こんなんゆっくり歩いとったら運動にならん!」とクレームが出て、結局バラバラウォークになってしまったのを思い出します。

今日ニュースに映る春野の人たちは、あじさいを愛でながら仲良くのんびり歩いていました。

ところで、ニュースで各地のあじさいまつりが紹介される時は、必ず「〇〇株のあじさいが咲き誇り」とあじさいの数が自慢気に語られます。

岡山の何とかというあじさいまつりは5万株。

高知の野市と春野は確か1万5千株。

かつて戦国時代の武将が1万石とか5万石などと競い合っているかのようです。

わが日高村は3000石、いや3000株。

あじさい戦国時代の中では弱小国といえます。

株数では戦国時代を生き抜くのは難しそうですが、美しさでは日本一と言っても過言ではありません(写真)。




コメントを残す