山の社の清掃へ

日高村の里山には1000年の歴史があります。

最近は手入れする人が減ったり、植林されたり、その上ゴミを捨てたりする人もいたりして、だいぶ荒れてはいますが、それでも長い歴史と水の豊かな日高村の里山は今でも美しく、歩いていて飽きることはありません。 “山の社の清掃へ” の続きを読む

高知のいない高校野球

田には水が引かれ、木には桜の花もチラホラ、ツバメも空に戻ってきました。

今日からは甲子園で高校野球も始まっています。

ところが開会式のどこを探しても高知県代表がいません。

もう40年も甲子園をテレビで見ているのに、春の大会は都道府県の代表校が出るわけではないということを今回初めて知りました。

当然、高知の街はまったく盛り上がっていないようです。

四国で選ばれなかったのは高知だけ。

高知県から代表が選ばれなかったのは、昨年高知商業の野球部がユニフォームを着て踊りを踊った罰なのかもしれません。




高野山へ行ってきました

四国お遍路のしめくくり。高野山へ行き、今家に帰ってきました。

長いドライブと揺れるフェリーを使っての厳しい旅でした。

写真は奥の院で偶然見つけた江戸時代に生まれた鍼の神様のお墓。




高知の友達は太平洋

今日は徳島に来ています。

テレビを観ると、和歌山のニュースがまるで同じ県のようにやっています。

徳島と和歌山は友達のようです。

先日、香川へ行ったときは岡山が香川の友達でした。

天気予報も香川と岡山一緒。

おそらく愛媛と広島もそんな感じなのしれません。隣どうしだし。

高知は山にはばまれ、海にさえぎられているので隣り合う県がありません。

宿毛のフェリーも消えました。

高知は一匹狼。太平洋が友達です。

香川へ来ています。

今日のうどん。

しょうゆうどん(小)。※しょうゆをかける前。

「こんぴら街道」という新しくできた店のようです。

思えば、香川では有名店のうどんを食べたことはありません。にもかかわらず、失敗したこともありません。どこもおいしいうどんばかりです。